浮気は必ずしもナシではない!?

自分自身は、付き合った時点で異性との絡みはあまりしてほしくないタイプですし、浮気なんてありえません。ただ友人は、浮気をしたとしても、ケンカをして仲良くなって絆が深められるものといった意見です。なので、相手の彼女が浮気をしたとしても、自分自身はゼロに近い感情になってしまうのですが、友人は、感情はあまり変わらないというのです。友人の彼女も同じ価値観なので、上手く続くのかなとも思いますが、自分には考えられません。。

自分の中では相手の嫌なところがあったり、価値観が合わなくなって、浮気をするという流れが一般的だと思っていたのですが友人は違います。上手く行っているのに浮気をしてしまうのです。上手く行っているときは相手のことを考えていないみたいなのです。もう上手く行くテンポというものを掴んでしまっているので、それがマンネリ化して、他の女性に行きたくなるということです。逆に彼女に腹が立ったり、嫌な部分があると、矛先が彼女なだけに他の女性には見向きもしなくなるようです。

それでも何故上手く続くのかというと、浮気をした時点でお互いに分かるらしいです。それは会話する回数が多くなるということです。普段から会話もそんな多くない仲なのに、余計に多く喋りだしたりすると、逆に違和感に感じ「あれっ!?」って気付くのです。多分、会話のテンポというのがお互いに分かってるからこそ違和感に気付きやすいのかなって思います。

そこで、怪しいと思うと無理矢理にでもケンカに持っていく友人カップルです。自分はケンカをすることは良いイメージがないのでケンカはしないようにするのですが・・・。しかし、ケンカを無理矢理にでも持っていく理由は仲を戻したいからなのです。その理由に自分は心が少し温かくなりました。この人たちのケンカは、言い合うというより軌道修正なんだなって理解しました。

友人には、浮気というのは少なからず良い意味に持っていくことも出来ると教えてもらっています。浮気をすることは良いことではないけれど、浮気をしても元に戻れるなら、そこまで気にしなくても良いのかなって考えさせられています。